詩投稿結果発表

投稿数277作、投稿者211人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿第13期(4-6月)の選評および入選作をご紹介いたします。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが入選作を選び選評いたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第13期選者~15期(2019.4~2019.12)
・廿楽順治氏

廿楽順治氏
・伊藤浩子氏
伊藤浩子氏
・光冨郁埜氏
光冨郁埜氏

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。

日本の詩祭2018・詩集賞の朗読

「詩投稿 第13期」入選作品紹介
Topページに入選作を順次公開します。

大川原弘樹――箸はある

 

ひと雨きそうな
風の出始めた昼げどき
いつも人通りの少ない
外車ディーラーの横道に入ると
あちこちで
死んだみみずが丸まっており
そばを通ってゆくと
そのいずれにも
蟻が群がっているのがわかる

月給取りの靴の踵にも
尖ったハイヒールの先にも
子供の自転車のタイヤにも
やられなかったみみずよ
だが
君らの死っていつも無惨だ
時には生きたまま釣りの餌にされたり━━

せっかくあたたかい弁当だ
冷めないうちに急ぐ
大丈夫だ 箸はうん
入っている

加勢健一――穴もたず

 

年の瀬のそれは冷え込んだ朝
頬のそげた黒い渇望が新雪の上をうごめいている
空腹をかかえクゥンクゥン犬のように鳴きながら

「あれは穴もたずじゃ」
しわがれ声の古老がつぶやく
「冬眠の寝床を決めあぐねた哀れなヒグマよ」

土気色に湿った鼻先が雪原に何物か探りあてる
それは脚をくじいたエゾシカ
まだ息があるらしい
獣は獲物を背に負い
森の笹やぶに向かってのっそり歩いていく
瞳はうらがなしい色のまま

まもなく森は雪に埋もれた
すべての営みを否定も肯定もせずに

雪解けの春先
笹やぶにはふた組のあばらと頭蓋と
並ぶようにしてあった
ひとつはエゾシカの あとはヒグマの

天王谷一――蟻

 

毎日 毎日
蟻が
一匹だけ
現れる
私に殺されるために
動体がひとつ
私を試すために
ゆっくりと這う
毎日 一匹ずつ

2019年・総会のお知らせ
■場所・時間
<総会>東京・アルカディア市ヶ谷 阿蘇西(6階)
日時:8月24日(土)13:30~16:00(合計2時間 30 分)
★13:30~14:00 講演 黒岩隆氏講演(30 分)「恋をすれば―─村上昭夫の詩篇より。」
★14:00~16:00 議事(2時間) <懇親会>東京・アルカディア市ヶ谷 霧島(6階)
★16:30~19:00 懇親会(2時間 30 分) ・第3回現代詩投稿欄新人賞の表彰式
会員の皆様のご参加をお待ちしています。
アルカディア市ヶ谷のHP

研究活動

詩界ニュース
詩界ニュース(2019年3月20日受まで)最終更新日 2019/5/25
催し・イベント
各地のイベントから(会報154号から)最終更新日 2019/5/25

日本現代詩人会刊行本


  • 資料・現代の詩2010

  • 国際交流ゼミナール

  • 2015現代詩

ページトップへ戻る