詩投稿結果発表

投稿数361作、投稿者256人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿第14期(7-9月)の選評および入選作をご紹介いたします。
またトップページに入選作を何回かに分けて、縦書き表示にて順次公開していきます。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが入選作を選び選評いたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第16期選者~19期(2020.1~2020.12)
・松尾真由美氏

・柴田三吉氏
・浜田優氏

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。

日本の詩祭2019・詩集賞の朗読

・日本現代詩人会創立70周年記念事業 中四国ブロック大会 in 岡山・詳しくは下記に

日本現代詩人会創立70周年記念事業
  中四国ブロック大会in岡山

主催:日本現代詩人会・中四国ブロック大会実行委員会
共催:岡山県詩人協会
後援:中四国詩人会 岡山県 岡山県文化連盟 山陽新聞社

期日:2020年4月18日(土)~4月19日(日)
会場:岡山アークホテル
700-0907岡山市北区下石井2の6の1(JR岡山駅より徒歩8分)
TEL086-233-2200FAX086-225-1663

1.大会13:30~17:30 会費:1000円
司会 瀬崎祐
開会の言葉 日本現代詩人会会長・黒岩隆
歓迎の言葉 大会実行委員長・岡隆夫
講演「郷愁の画家竹久夢二と故郷おかやま」:夢二郷土美術館副館長・小嶋ひろみ
歌唱「中四国の詩人の歌(中原中也、金子みすゞなど)」:出口裕子 
朗読劇「永瀬清子物語 都会忘れ」:朗読グループ白萩の会
自作詩朗読:秋山基夫 小松弘愛 清水恵子 高垣憲正 日吉平
閉会の言葉 日本現代詩人会理事長・山田隆昭

 

2.懇親会18:00~20:00・会費:6000円
司会・斎藤恵子/長津功三良
開会の言葉 日本現代詩人会副理事長・田村雅之
閉会の言葉 日本現代詩人会70周年イベント担当理事・新延拳

 

3.翌日(19日)の観光「春の瀬戸内海遊覧」参加費:5000円
9時50分までに児島観光港に集合(岡山駅より引率あり)
10時・遊覧船にて瀬戸内海遊覧~(貸し切りバスにて)児島ジーンズ・ショップ~鷲羽山展望台(昼食)~むかし下津井廻船問屋
14時ごろ・児島駅前にて解散(岡山駅まで引率あり)

 

参加申し込み葉書は会報と一緒に発送します

「詩投稿 第14期」入選作品紹介
Topページに入選作を順次公開します。

 

月白翠香――ダイニング・キッチン

 

書き留めたいことがやまほどあるのについつい放ってしまうので、翌朝めざめたとき綴りはゆきのように溶けて蒸発。
うすい布団のなかで冷えたゆびさきを折り曲げると、頭のてっぺんからぬるりと文字列が顔をだす、たいそれた思想でも思考でもないのだけれど、少女趣味やら怒りや少量のかなしみをふくらませ、浅いねむりに就く。
真鍮の無意識という鉱物めいたやわさを映写機で反映し、トラウマが追いかけてくる四月のゆううつに浸りながらも、さいきんは、ようやくふかくふかく沈むことができるようになった。
紅茶は欠かせない精神安定剤へと変容し、唐草模様を添えられたティーカップを落下させては、破片を掻きあつめる。幾たび割れば気が済むのだろう。
おびただしい矢車草は圧巻で、遮光カーテンのむこうには胡蜂が警告を放ち、安堵をいだく。
それでも馬鈴薯は頑なに、冷蔵庫から飛びだしかくれんぼ、ひかえめな小花をむしゃむしゃ頬張り、米糠なるものをはじめて凝視、ひと掴みという数値化されていない文言に戸惑いながらも、おそらく必要以上の量を鍋に投入し、いつまでも煮つめる。
それから、遠いせかいに存命するドイツ民話の紙面に溺れ、挿絵に耳をすませ、つぎに、ひんやりと混濁した円柱の連なる都会におもいを馳せ、色彩や高価な記号をぶら下げるひとびとを目で追いかける、女ゴコロを灯すためにはモッテコイの集合体。
あめゆじゅしても鳥肌の立たぬよう気を配りたい、がという助詞を厭う、がらんどうの犬小屋、そんなことよりも癇癪は相変わらずなので、怒りis 6秒間の持続 であることを毎夜うたう、ようにしたい、重要なことを差し置いて賢治に気を遣うだなんて。

石井梢――惨敗

 

だれかれかまわず自室に入ってくる 腹が減っただの お母さんだの
ノックもなしに 首をかしげて考え事をしては だれかれかまわず入ってくるのだ
時を忘れてものを考えていると 腹が減っただの お母さんだの
やかましいのである
時間というものがめんどくさいのか、はたまた考え事がめんどくさいのか
またまた夫というものがまたまためんどくさい
ノックもなしに入ってきては 疲れているのかと 私をなでてきたりする
またまたやかましい
辛抱負けて立ち上がるのはいつもわたしのほうだ だれかれかまわず
負けをみとめて夕飯をつくるのだ

研究活動

詩界ニュース
詩界ニュース(2019年9月20日受まで)最終更新日 2019/11/3
催し・イベント
第3回岡本彌太・詩賞原稿応募要項最終更新日 2020/1/25

日本現代詩人会刊行本


  • 資料・現代の詩2010

  • 国際交流ゼミナール

  • 2015現代詩

ページトップへ戻る