日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。


  • 第70回H氏賞
    髙塚謙太郎

  • 第38回現代詩人賞
    野村喜和夫

  • 黒岩 隆会長

  • 公益信託代表
    以倉紘平

詩投稿結果発表

投稿数447作、投稿者266人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿第19期(10-12月)の選評および入選作をご紹介いたします。
またトップページに入選作を何回かに分けて、縦書き表示にて順次公開していきます。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが入選作を選び選評いたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第20期~23期選者(2021.1~2021.12)
・片岡直子氏

・上手宰氏
・福田拓也氏

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

  • 【速報】第71回H氏賞 石松佳詩集『針葉樹林』(思潮社) 第39回現代詩人賞 鈴木ユリイカ詩集『サイードから風が吹いてくると』(書肆侃侃房)に決定!
  • 【中止】「日本の詩祭2021」はコロナ禍により中止いたします。
  • 【英語版公開】当HPの英語版を公開しました。
  • HP現代詩投稿欄 第19期選考結果・選評を発表しました。
  • 2021年第5回現代詩投稿欄新人賞・新人発表!
    【新人賞】岡崎よしゆき【新人】東浜実乃梨 小川博輝 松尾如華

第71回H氏賞・第39回現代詩人賞決定

2021年3月6日の第二次選考委員会において、次の通り2021年度の受賞詩集が決定しました。
◆第71回H氏賞
●受賞詩集『針葉樹林』(思潮社)
●受賞者氏名 石松 佳(いしまつ けい) 
●受賞者プロフィール
1984年 大分県生まれ。福岡市在住
2019年 第57回現代詩手帖賞受賞

◆第39回現代詩人賞
●受賞詩集 『サイードから風が吹いてくると』(書肆侃侃房)
●受賞者氏名 鈴木ユリイカ
●受賞者プロフィール
 1941年 岐阜県生まれ。明治大学仏文科卒。
第1回ラ・メール賞。『MOBILE・愛』第36回H氏賞。
『海のヴァイオリンがきこえる』第3回日本詩歌文学館賞。

【H氏賞選考委員=敬称略】
◎秋亜綺羅 長田典子 高山利三郎
塚本敏雄 松尾真由美 森水陽一郎
和田まさ子 (◎選考委員長)
【現代詩人賞選考委員=敬称略】
杉本真維子 鈴木良一 鈴村和成 新延拳
◎水島英己 三田洋 吉野令子
(◎選考委員長)
※「日本の詩祭2021」はコロナ禍により中止を決定しました。第71回H氏賞・第39回現代詩人賞の表彰状と記念品の贈呈は郵送で行わせて頂きます。
なお、2020年度の第70回H氏賞受賞の髙塚謙太郎氏と第38回現代詩人賞受賞の野村喜和夫氏への表彰状と記念品の贈呈は郵送で行わせて頂きます。

日本の詩祭2019・詩集賞の朗読

「詩投稿 第19期」入選作品紹介
Topページに入選作を順次公開します。

中 マキノ「瓶躯」

 

排泄を祝う、トイレタンクにシャンパンの瓶を沈めて、船が浮かんでいるは絵画海だ
幼い頃に見た絵画海はどこまでも続いていて小さな額のなかであまりにも巨大で私は海お腹の中に飲み込まれた
お腹の中には絵画海があっていつもお腹が痛い
母に連れられていった実際海はすぐに空と接していて近くて浅かった、曇り空ような色をした絵画海では船は遠ざかっていくではなく飲み込まれて沈んでいく
遠い昔に沈んだ船が私お腹から排泄される、きれいな緑色や乳白色で、母が子ども頃に海で拾ったという貝殻、胎児形をしたもに似ていた
子ども母は胎児を拾ってずっとお腹の中に入れており、ある日便の中に私が生まれた
母はお祝いにシャンパンを開けようとしたけれどまだ子どもだから開けられなくて仕方なくトイレタンクの中にしまっておいたまま忘れてしまった
便器の中に溜まった水は小さな額の中のほんとう海で、母がレバーを引くと私は流れていった、そこは巨大な海でほんとう船が泳いでいた
私は船を真似て泳いだ、船は船尾から何か糸ようなもを出していて、少しずつ海を排泄しているだった
排泄物のなかで息をして、腕を動かして、私ために沈められたシャンパンを探した、曇り空色をしたほんとうの瓶がどこかにあると思った
泳いでいると思ったが私は船になっていてお腹が痛かった、少しずつ海を排泄していて、を見つけた
は空っぽだった、母が飲み干したかもしれないしそれは私んとうからだかもしれないで私は空っぽの瓶に海を入れて蓋をしたらトイレタンクから引き上げて、便器の中身を開けた
大きく波打つ灰色海が便器の中で荒れ狂っていた、その中に母小さな背が見えたで私は手を突っ込んで引き上げた、母形をした貝殻だった
シャンパンの瓶に貝殻を入れ、私排泄物を入れ、便器の中に押し込んでレバーを引いた
は流れていかないで海真んにとどまって、瓶の中ではとても小さな母が新しい船になろうとしていた

研究活動

詩界ニュース
詩界ニュース (2021年1月1日受まで)最終更新日 2021/2/5
催し・イベント
第71回H氏賞・第39回現代詩人賞決定最終更新日 2021/3/6

日本現代詩人会刊行本


  • 日本現代詩人会/七〇周年記念アンソロジー

  • 国際交流ゼミナール

  • 現代詩2020

ページトップへ戻る