日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。


  • 第71回H氏賞
    石松佳

  • 第39回現代詩人賞
    鈴木ユリイカ

  • 黒岩 隆会長

  • 公益信託代表
    以倉紘平

詩投稿結果発表

投稿数490作、投稿者288人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿第21期(4-7月)の選評および入選作をご紹介いたします。
またトップページに入選作を何回かに分けて、縦書き表示にて順次公開していきます。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが入選作を選び選評いたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第20期~23期選者(2021.1~2021.12)
・片岡直子氏

・上手宰氏
・福田拓也氏

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

  • 【告知】八木幹夫新会長のもと新理事会が発足しました。役割も決定。(詳細は以下)
  • 【英語版公開】当HPの英語版を公開しました。
  • HP現代詩投稿欄 第21期選考結果・選評を発表しました。
  • 2021年第5回現代詩投稿欄新人賞・新人発表!
    【新人賞】岡崎よしゆき【新人】東浜実乃梨 小川博輝 松尾如華
●新理事会が発足し、役割が決定しました。

2021年8月28日の2021年度総会(書面方式)において新理事(任期2年)が、承認され、9月16日の第2回理事会で、次のとおり新役員が決定いたしました。

会長   八木幹夫
理事長  佐川亜紀
副理事長 田村雅之(詩祭・冊子担当兼務)
理事   
新延 拳(総務担当)
北畑光男(総務・慶弔担当)
秋亜綺羅(HPIT担当、総務兼務)
井上敬二(一般会計担当)
岡島弘子(詩祭・冊子担当)
長田典子(名簿・記録・子供への詩の普及担当)
杉本真維子(詩祭・冊子・国際交流担当)
鈴木正樹(会報担当)
中井ひさ子(入会担当)
中田紀子(年会費担当)
根本明 (東西ゼミナール・新年会担当)
宮崎亨 (詩集賞担当)
 
監事   根本正午 斎藤菜穂子
入会審査委員 岡島弘子 長田典子 北畑光男 鈴木正樹
公益信託代表 以倉紘平
HP運営委員 秋亜綺羅 佐川亜紀 新延拳 井上敬二 光冨幾耶
英語版サポート委員 石田瑞穂

日本の詩祭2019・詩集賞の朗読

「詩投稿 第21期」入選作品紹介
Topページに入選作を順次公開します。

ケイトウ夏子「隊列」


立ち上がろうとする椅子から
脱げた靴まで
冷たいメジャーをあてる
やわらかい肉は
ただやわらかいと
金属に響く

白紙状態のノートに
ほおを寄せても
同じ気持ちはするだろうか

揃う前の言葉の足並み
聞こえてくるかい
すぐそこの角まで
靴を拾おうとして
足だけが歩いている
その足取りを見ている

 

 



六七「田んぼの空」


小さい頃
新しく水がはられた田んぼ
を見ていた
畦道を裸足で走ると
を飛んでいるようだった
手が届きそうなほど近いから
見上げたにも
簡単に飛んでいけそうな気がしていた

時が過ぎて
頭を垂れる稲穂が
水面を隠すところだけを見るようになって
はずっと遠いところになった
いつ間にか
見上げることもしなくなって
を飛びたいと
願うこともなくなっていた

また幾らか時が流れて
新しい水が
田んぼにはられたことに気づく頃
またを見上げた
頃と変わらない青い
今でもずっと遠いけど
今はそれでいいんだと知っている
高く飛ぶとこが
全てじゃないと知ったから
見上げた先に
変わらない景色があることが
幸せなことだと知ったから

小さい頃
新しく水がはられた田んぼ
を見ていた
今はあの空に手が届かないことを
知っているけれど
飛んでいくことはできないと
知っているけれど
田んぼに囲まれた道を車で走るとき
を飛んでいるような感覚を楽しんで
先を見つめている
真っ直ぐに続く
先を



日本現代詩人会刊行本


  • 日本現代詩人会/七〇周年記念アンソロジー

  • 国際交流ゼミナール

  • 現代詩2021

ページトップへ戻る