日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。


  • 第70回H氏賞
    髙塚謙太郎

  • 第38回現代詩人賞
    野村喜和夫

  • 黒岩 隆会長

  • 公益信託代表
    以倉紘平

詩投稿結果発表

投稿数447作、投稿者266人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿第19期(10-12月)の選評および入選作をご紹介いたします。
またトップページに入選作を何回かに分けて、縦書き表示にて順次公開していきます。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが入選作を選び選評いたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第20期~23期選者(2021.1~2021.12)
・片岡直子氏

・上手宰氏
・福田拓也氏

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

  • 【速報】第71回H氏賞 石松佳詩集『針葉樹林』(思潮社) 第39回現代詩人賞 鈴木ユリイカ詩集『サイードから風が吹いてくると』(書肆侃侃房)に決定!
  • 【中止】「日本の詩祭2021」はコロナ禍により中止いたします。
  • 【英語版公開】当HPの英語版を公開しました。
  • HP現代詩投稿欄 第20期選考結果・選評を発表しました。
  • 2021年第5回現代詩投稿欄新人賞・新人発表!
    【新人賞】岡崎よしゆき【新人】東浜実乃梨 小川博輝 松尾如華

第71回H氏賞・第39回現代詩人賞決定

2021年3月6日の第二次選考委員会において、次の通り2021年度の受賞詩集が決定しました。
◆第71回H氏賞
●受賞詩集『針葉樹林』(思潮社)
●受賞者氏名 石松 佳(いしまつ けい) 
●受賞者プロフィール
1984年 大分県生まれ。福岡市在住
2019年 第57回現代詩手帖賞受賞

◆第39回現代詩人賞
●受賞詩集 『サイードから風が吹いてくると』(書肆侃侃房)
●受賞者氏名 鈴木ユリイカ
●受賞者プロフィール
 1941年 岐阜県生まれ。明治大学仏文科卒。
第1回ラ・メール賞。『MOBILE・愛』第36回H氏賞。
『海のヴァイオリンがきこえる』第3回日本詩歌文学館賞。

【H氏賞選考委員=敬称略】
◎秋亜綺羅 長田典子 高山利三郎
塚本敏雄 松尾真由美 森水陽一郎
和田まさ子 (◎選考委員長)
【現代詩人賞選考委員=敬称略】
杉本真維子 鈴木良一 鈴村和成 新延拳
◎水島英己 三田洋 吉野令子
(◎選考委員長)
※「日本の詩祭2021」はコロナ禍により中止を決定しました。第71回H氏賞・第39回現代詩人賞の表彰状と記念品の贈呈は郵送で行わせて頂きます。
なお、2020年度の第70回H氏賞受賞の髙塚謙太郎氏と第38回現代詩人賞受賞の野村喜和夫氏への表彰状と記念品の贈呈は郵送で行わせて頂きます。

日本の詩祭2019・詩集賞の朗読

「詩投稿 第20期」入選作品紹介
Topページに入選作を順次公開します。

石川順一「秘密」

語彙が無化されて
水が欲しくなった
生活(たつき)を得るのは
自然から
野人が美しかった
束ねられた過去と未来が
現在にお湯を注いでいた
土が垂線を降ろす頃
私は風呂に入って居た
脱衣場で耕作していたなんて
誰にも言えなかった

 

 

ややはやしだ「走る車」

ウインカーをあげる ハンドルを右へ回す 左右を確認する
アクセルを軽く、踏み クラッチをゆっくりあげ、 ここ、ここで我慢
対向がいる ギアを変えよう ちょっと速度が出てなかったかもしれない
徐々にアクセルを踏み 小回り 小回り
アクセルを踏んで 加速して 三に入れて ブレーキ踏んで  クラッチ踏んで ギアを変える
うっまぶしい
左折 直進 坂 減速 対向がいる ちょっとアクセル 左折

交代

が動き出すとわくわくする バイクがたくさん並べてあって色とりどり
季節の過ぎた門松がいつまでたっても並んでいる 使われていない教習
並木の葉は落ちていて奥の畑も寂しそう 対向の運転手は知り合いっぽい
連なる山は青黒く霞んでいる 湯気を出してやさしく沸騰している
うっまぶしい
子どもが笑う野球のグラウンド この時間 人はいない
でしか走らない この場所を 歩いてみたいと思う
でも免許を取ってしまったら 歩かなくなるんろうなと 悲しく思う
私が見なくてはいけないのは、人々の生活ではなく、無機質な道路に、変わってしまう
いや

交代 

 

中山祐子「くもじろうが語るには」

あたし妥協をゆるさず
わずかな綻びもゆるさず
編み上げた巣の中央で
八本の手足を伸ばしたあたしの肢体
終わってゆく一日を引き伸ばそうと
人間虚空のばした手のよう
見えしないだろうかと考えていた

あの手よりあたし全きもので
強きものだと証するため
捨てられても捨てられても
壊されても何度でも
戻って営々と巣を編み上げた

くもじろう”なんて男の名前をもらって
まあいい それそれでいい
要点そこじゃない
あたしの編み目人間の心なんか
引っかかったこと嬉しかったのだ
あたしのうぶげ夕映金色なことも
夜露クリスタルビーズのよう
おさまっていることも嬉しい
あたしひょっとしたら
れ落ちてゆく思い出やら
こぼれ出てしまう悲しみなんかも
この糸で絡め取ってしまうことできるかも知れない

自分万能で特別なもの思えて嬉しかったのだ
嬉しっていたあたし不意
鳥のくちばし攫われて
あたしの八本の手足引きちぎられて食べられていった
あたしの八個の目涙なんか流さず
最後思い切り放った糸
なんだか流れ星みたいよねって
見てただけ
それであたし終わったけど
悪くない

研究活動

詩界ニュース
詩界ニュース (2021年4月3日受まで)最終更新日 2021/4/30
催し・イベント
各地のイベントから(会報162号から)最終更新日 2021/4/30

日本現代詩人会刊行本


  • 日本現代詩人会/七〇周年記念アンソロジー

  • 国際交流ゼミナール

  • 現代詩2020

ページトップへ戻る