日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。


  • 八木幹夫会長

  • 公益信託代表
    以倉紘平

  • 第71回H氏賞
    石松佳

  • 第39回現代詩人賞
    鈴木ユリイカ

詩投稿結果発表

投稿数490作、投稿者288人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿第21期(4-7月)の選評および入選作をご紹介いたします。
またトップページに入選作を何回かに分けて、縦書き表示にて順次公開していきます。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが入選作を選び選評いたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第20期~23期選者(2021.1~2021.12)
・片岡直子氏

・上手宰氏
・福田拓也氏

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

  • 【告知】八木幹夫新会長のもと新理事会が発足しました。役割も決定。(詳細は以下)
  • 【英語版公開】当HPの英語版を公開しました。
  • HP現代詩投稿欄 第21期選考結果・選評を発表しました。
  • 2021年第5回現代詩投稿欄新人賞・新人発表!
    【新人賞】岡崎よしゆき【新人】東浜実乃梨 小川博輝 松尾如華
●新理事会が発足し、役割が決定しました。

2021年8月28日の2021年度総会(書面方式)において新理事(任期2年)が、承認され、9月16日の第2回理事会で、次のとおり新役員が決定いたしました。

会長   八木幹夫
理事長  佐川亜紀
副理事長 田村雅之(詩祭・冊子担当兼務)
理事   
新延 拳(総務担当)
北畑光男(総務・慶弔担当)
秋亜綺羅(HPIT担当、総務兼務)
井上敬二(一般会計担当)
岡島弘子(詩祭・冊子担当)
長田典子(名簿・記録・子供への詩の普及担当)
杉本真維子(詩祭・冊子・国際交流担当)
鈴木正樹(会報担当)
中井ひさ子(入会担当)
中田紀子(年会費担当)
根本明 (東西ゼミナール・新年会担当)
宮崎亨 (詩集賞担当)
 
監事   根本正午 斎藤菜穂子
入会審査委員 岡島弘子 長田典子 北畑光男 鈴木正樹
公益信託代表 以倉紘平
HP運営委員 秋亜綺羅 佐川亜紀 新延拳 井上敬二 光冨幾耶
英語版サポート委員 石田瑞穂

日本の詩祭2019・詩集賞の朗読

「詩投稿 第21期」入選作品紹介
Topページに入選作を順次公開します。

ケイトウ夏子「気泡船」


螺旋階段を遠泳するように降りていくのは
持ちきれなかった過去の溜まる
スープを掬うためで
木片と
足音を拾い集めると
もう飲めない もう抱けないと
割れた夜への理解を深めた
エビの姿勢で私は固まる

植物の目になって見つける貯水池
そこでは根を張るさだめが
滴る水の中に忘れられていく

わたしたち、眠らないとね
頬杖をつく時間が
約束として放たれた
木内ゆか「屹リツ滿ツ森」


の小径は 細くて長い
ミライへ続く卵管なのに かの女の中の
腐葉土は 詩篇がほぐれて〈創世記〉の匂いがした
ひと雨ごとに深くしずんで 祈りの形でまるまって
(もう一度

リリスの香水くゆらせて
鏡の中からあるいてきたのは
もう一人の(詩人の僕だ
なつに羽化する(二卵双生
サナギの記憶をたぐり寄せると
複眼系の脈がひかった
(あのとき君は

しあわせでは なかったの?
せりあがる かの女の水位!
あぁ又なのか!)逃げおくれて 逆巻いて
押し流された 沼のほとりは
ドクダミが原・・・
黄色い乳首の 屹リツ滿ツ森
感じやすくて 垂直で

コモレビだけで 揮発してくる
〈かの女〉のアセトアルデヒドが
僕の詩層をチリチリ燃やして
もうこれ以上はコトバをうめない
鏡の君へ あるいてゆけない

辛うじて
痣にまみれたスペード葉と
白い十字で 沼に浮いてる
君の茎 僕の血管(べセル)

 

日本現代詩人会刊行本


  • 日本現代詩人会/七〇周年記念アンソロジー

  • 国際交流ゼミナール

  • 現代詩2021

ページトップへ戻る