日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。


  • 第70回H氏賞
    髙塚謙太郎

  • 第38回現代詩人賞
    野村喜和夫

  • 黒岩 隆会長

  • 公益信託代表
    以倉紘平

詩投稿結果発表

投稿数405作、投稿者257人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿第18期(7-9月)の選評および入選作をご紹介いたします。
またトップページに入選作を何回かに分けて、縦書き表示にて順次公開していきます。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが入選作を選び選評いたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第20期~23期選者(2021.1~2021.12)
・片岡直子氏

・上手宰氏
・福田拓也氏

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

  • 【中止】2021年1月16日(土)「現代詩ゼミナール 新年会と講演」はコロナ禍により中止いたします。
  • 【中止・延期】70周年記念事業・中部、近畿、九州、東北の各大会は中止・延期にいたします。(詳細は下記)
  • 【速報】第70回H氏賞 髙塚謙太郎詩集『量』、第38回現代詩人賞 野村喜和夫詩集『薄明のサウダージ』に決定!(詳細は下記)
  • 【英語版公開】当HPの英語版を公開しました。
  • HP現代詩投稿欄 第18期選考結果・選評を発表しました。
会員の皆様およびすべての詩を愛する方々へ
 日本現代詩人会創立70周年記念地方大会 九州・東北について
  70周年記念イベント部会長 新延拳

 

 表題につきましては、すでにご報告の通り、三国におけるプレイベントは大盛況理に終了いたしましたが、中四国、北海道、中部、近畿については、新型コロナ禍により、中止・延期のやむなきに至ったことはすでにご報告の通りでございます。
 さて、残る九州(来年二月)、東北(同三月)についても、現地と何度も打ち合わせた結果、当面同様の中止・延期とせざるを得ないという判断に至りました。コロナ禍の終息の時期如何のみならず、その間の準備に多大の支障がきたされるということも懸念の一つです。

 

 九州地区においては、小説や他詩型(俳句、短歌)などの他ジャンルとの意見交換を行い、特に若年者を対象に現代詩に対する関心を深めることを模索したいとの意向をもち、さまざまな調整をしていただきました。 東北地区においては、現在実行中のポエトリーカフェ方式を広げ、かつ深度化することによって、現代詩の将来を担う若年者に魅力を感じてもらえることができないか、その方向でイベントを企画していただいておりました。
 両地域とも、他の地域と同様、宿泊施設の手配や交通関係の調査を含め、各県の詩人会との調整など多大な労力をおかけいたしました。ここに厚く御礼を申し上げます。
 中止・延期になりました地域の大会につきましては、今後、新型コロナ禍の推移を見て、適宜の時期に再開とするのか、たとえば75周年のような時期を新たに設定し直すのか等々、実行委員会および理事会において十分に議論し、かつ各地域ともご相談の上、決定したいと存じます。なにとぞよろしくお願いいたします。
 なかなか先を見通しづらい状況ではありますが、皆様のご健康とご健筆を心よりお祈り申し上げております。

【第七〇回H氏賞・第三八回現代詩人賞決定のお知らせ】
当初二〇二〇年三月七日に予定していた、第二次選考委員会は新型コロナウイルス感染蔓延のため八月二〇日から通信による非対面討議によって行われました。選考は、九月一二日午後一時をもって決定に至り、詩壇の芥川賞とも呼ばれるH氏賞と、中堅以上の詩人に贈られる現代詩人賞が決定いたしましたので、左記のとおりお知らせいたします。
なお、授賞式は二〇二一年五月三〇日午後一時よりアルカディア市ケ谷(私学会館)で行われる予定です。

 

二〇二〇年度 第七〇回H氏賞
●受賞詩集『量』(七月堂)
●受賞者 髙塚謙太郎
●受賞者プロフィール
一九七四年ブラジル・サンパウロ出身 大阪府在住
詩誌「Aa」所属
主な詩集『さよならニッポン』『カメリアジャポニカ』
【選考委員】
◎三井喬子 愛敬浩一
以倉紘平 小島きみ子
高階杞一 水嶋きょうこ
八木幹夫
(◎印 選考委員長)

 

二〇二〇年度 第三八回現代詩人賞
●受賞詩集『薄明のサウダージ』(書肆山田)
●受賞者 野村喜和夫
●受賞者プロフィール
一九五一年埼玉県出身、東京都在住
早稲田大学第一日本文学部卒
一九九三年歴程新鋭賞、一九九九年高見順賞、
二〇〇三年現代詩花椿賞、二〇一一年鮎川信夫賞
【選考委員】
◎小笠原茂介 宇佐美孝二
郷原宏 佐藤文夫
柴田千晶 鈴木有美子
花潜幸

日本の詩祭2019・詩集賞の朗読

「詩投稿 第18期」入選作品紹介
Topページに入選作を順次公開します。

松尾如華「竹」

 

まっすぐな竹が
木漏れ日をまっすぐに割って
きらきらと眩しかった

 

心に迷いがあるときは
まっすぐなものが羨ましくなるものだと

 

風は囁いて
わたしたちを揺らした

 

わたしは
あなたが羨ましかったのでしょうか

 

いいえ

 

風の囁きに
気がついただけなのです

 

あなたの枯れ落ちた葉が
あしもとを包み込み
わたしとして伸ばしていたことを

 

わたしの枯れ落ちた葉が
ねもとを包み込み
あなたとして伸ばしていたことも

 

木漏れ日の揺れる地面に
気がついただけなのです

 

まっすぐに曲がったあなたのすがたに
まっすぐに曲がっているわたしのすがたに

 

風はあたまを撫でて
わたしたちを揺らして行った


藤園瑠衣「夏の詩」

 

もし私の血液が
夏の午後七時の空の
深い水の色をしていたなら
私はそれを瓶に溜めて
万年筆のペン先を浸けて
原稿用紙に詩を書いて
それを誰にも見せないまま
丸めて捨てることができたのに

 

傷口に絆創膏を貼って眠る
豆電球からべたべたした
オレンジの光が漏れている部屋で
ゴミ箱から青い文字が浮かぶ
羽虫のように光に群がって
音を立てて焼け死んでいく
起きたら忘れてしまうように

 

言葉はまた生まれ変わって
私の心を巣食っていく
血液を吸った絆創膏を捨てる
ただの青だ
原稿用紙は白紙に戻る
何もかもが可哀想だと思う
私自身すらも
カーテンの向こう側に夏が立っている
私はいくつ空を知っているのだろう
夏が窓をノックする
またペンを握る


絡新婦「ネガティヴ」

 

希死念慮と書いてきしねんりょと読む。
自殺念慮とは違うぞ。
希望の希にdeathと仏教用語が合わさっているところが好きだ。読んでも楽しい。
きょうは犬が急にブサイクに見えた。皮膚が何に当たっても不快だ。時が経つのが耐えられない。あれだけ好きだったじゃがりこがもう美味しくない。
頭はぼんやりとしているが深層心理ははっきりしている。まるでずっと傍にいたイマジナリーフレンドが実態化したような不可解な安堵を覚えている。
文字を書くのがやっとだ。部屋が歪んでる。
私は酸素を吸って二酸化炭素を吐くことに疑いを持ちだした辺りでスマホを一旦置いた。
わからない。
何を吸って何を吐いているのだろう。
石灰水が白く濁るまで二酸化炭素だとは信じきれないぞ、私は。
心の中のわだかまりは高い牛肉と一緒にすきやきにでもすれば舌の上でとろけてくれるだろうか。
脳みその信じたくない部分はゴミの日に出してしまおう。
ポジティブとネガティブがわからないまま新しい概念を生み出す、それでいいのだ。
ああ、今日のチワワはほんとうにかわいくないな。

重成邦広「コスモス」

 

コスモスが歌ういい加減なアンサンブルについて
話すでもなくて
バスでは
私たちはいつにも増して無口だった

 

いつの間に消えて
いつの間に近づいて
かならず隣に
肩がある
美術館では
何を感受していてもそれは自由だ
岸田画伯の
おおきな美しいふたつとない絵画を
一流の
バックグラウンドミュージックに回して

 

数基の風車が海岸に立ち並び
誰もいなくて
唸る音がムカシトンボみたいで
スウィングするブレードにしがみついてみたい
あなたは呟いて
風に恭順したのだ

 

川面に木々が写る
割れて無数に散った生の行方は?
たった3センチメートル未来の黒い瞳
たった10グラム軽いあなたの指先
よく見ろよ葉脈を
あんなに烈しい生の里程を

研究活動

詩界ニュース
詩界ニュース (2020年9月30日受まで)最終更新日 2020/11/2
催し・イベント
各地のイベントから(会報160号から)最終更新日 2020/11/3

日本現代詩人会刊行本


  • 日本現代詩人会/七〇周年記念アンソロジー

  • 国際交流ゼミナール

  • 現代詩2020

ページトップへ戻る