日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。


  • 第69回H氏賞
    水下暢也

  • 第37回現代詩人賞
    齋藤 貢

  • 黒岩 隆会長

  • 公益信託代表
    以倉紘平

詩投稿結果発表

投稿数438作、投稿者297人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿第17期(4-6月)の選評および入選作をご紹介いたします。
またトップページに入選作を何回かに分けて、縦書き表示にて順次公開していきます。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが入選作を選び選評いたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第16期選者~19期(2020.1~2020.12)
・松尾真由美氏

・柴田三吉氏
・浜田優氏

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

  • 【総会は書面方式】2020年度通常総会は書面方式に変更します。(詳細下記)
  • 【中止・延期】70周年記念・北海道大会、中部大会は中止・延期いたします。(詳細下記)
  • 【急告】H氏賞、現代詩人賞第二次選考会延期!開催日未定。(候補詩集は下記)
  • 2020年第4回現代詩投稿欄「新人賞」小林真代、「新人」渋澤赤、中川達矢、渡部栄太に決定!
  • HP現代詩投稿欄 第17期選考結果・選評を発表しました。
2020年度通常総会についてのお知らせ

 今般の新型コロナウイルス感染症の流行を受け、日本現代詩人会の皆様の健康・安全面を最優先に考えた結果、予定していた東京・アルカディア市ヶ谷での総会を諦め、書面による通常総会に変更させていただきました。
 私どもも準備に努めてまいりましたが、こればかりは自力で何とかできる事態ではありません。また、会員同士の交流を楽しみにしておられた会員の方々におかれましては大変残念なことになりましたが、機会を得て再開できることを祈念しております。
 なお、会報とは別に書面を郵送させていただきますので、8月末日までに回答書をかならず返送していただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

日本現代詩人会70周年記念地方大会・近畿、その他について


総務担当理事 新延拳

 既に、70周年記念大会について、中四国、北海道、中部において、今般の新型コロナウイルス感染症の流行を受け、参加者皆様の健康・安全面を最優先に考えた結果、当面の間、中止・延期することとなったことを報告したところです。

 今回は、近畿地区(11月28日開催予定)につきましても、当面の間、中止・延期する旨、ご報告いたしたいと思います。他の地区と同様、講演、鼎談、朗読、および翌日のエクスカーション等、盛りだくさんの内容が予定されていましたので、誠に残念です。開催の労を取っていただいていた地元委員の方々もさぞがっかりされていることでしょう。

 なお、来年開催予定の九州、東北につきましては、しばらく時間をおいて、別途ご連絡いたします。また、今回延期・中止となった、中四国、北海道、中部、近畿の各地区につきましては、上記2か所の後、再度体制を組み直して、どのようにするのかをご相談いたしたいと考えております。

 また、H氏賞・現代詩人賞の第二次選考日を延期していましたが、現状では選考委員会の開催が困難である為、時期・方法を検討中です。
今後とも、日本現代詩人会にご理解、ご協力をくださいますよう、どうかよろしくお願いいたします。

以上

 

日本現代詩人会創立70周年北海道および中部大会の中止・延期について

今般の新型コロナウイルス感染症の流行を受け、参加者皆様の健康・安全面を最優先に考えた結果、当面の間、70周年記念北海道大会および中部大会につきましては、中止・延期することにいたしました。私どもも、両大会を重要なものと位置づけ、準備に努めてまいりました。また、楽しみにしておられた会員およびすべての詩を愛する方々におかれましては、大変残念なことになりましたが、機会を得て再開できることを祈念しております。

 

 

※【急告】3月7日の第二次選考委員会は新型コロナウイルス感染状況により延期になりました。開催日は未定です。ご了承のほどお願いいたします。

第七〇回H氏賞 候補詩集一覧
■2020年2月1日第一次選考委員会結果
①長田典子 『ニューヨーク・ディグ・ダグ』(思潮社)11票
②草野理恵子 『世界の終わりの日』(モノクローム・プロジェクト)6票
③野口やよい 『天を吸って』(版木舎)6票
④鷹森由香  『傍らのひと』(ふらんす堂)5票
⑤宮せつ湖 『雨が降りそう』(ふらんす堂)5票
⑥紺野とも 『ひかりへ』(思潮社)4票
⑦作田教子 『胞衣』(思潮社)4票
⑧夏目美知子 『ぎゅっとでなく、ふわっと』(編集工房ノア)4票
⑨葉山美玖 『約束』(コールサック社)4票
⑩細田傳造 『みちゆき』(書肆山田)4票
⑪望月遊馬 『もうあの森へはいかない』(思潮社)4票
<次点>なし
<選考委員会推薦詩集>
⑫高塚謙太郎『量』(七月堂)
⑬佐藤モニカ『世界は朝の』(新星出版)
⑭やまもとあつこ『つきに うたって』(空とぶキリン社)
以上14冊を候補詩集とする。
会員数 1064名
投票数 253票
(有効票198票、白票55票、無効0票)
投票率23・8%

【選考委員】
愛敬浩一、以倉紘平、小島きみ子、
高階杞一、水嶋きょうこ、
三井喬子(選考委員長)、八木幹夫

■第二次選考委員会
3月7日(土)受賞詩集決定

第二次選考委員会は延期になりました。開催日は未定です。

 

※【急告】3月7日の第二次選考委員会は新型コロナウイルス感染状況により延期になりました。開催日は未定です。ご了承のほどお願いいたします。

第三八回現代詩人賞 候補詩集一覧
■2020年2月1日第一次選考委員会結果
①山田隆昭 『伝令』(砂子屋書房) 17票
②八木幹夫 『郵便局まで』(ミッドナイト・プレス) 15票 
③中村不二夫 『鳥のうた』(土曜美術社出版販売) 11票
④川上明日夫 『無人駅』(思潮社) 10票
⑤日原正彦 『降雨三十六景』(ふたば工房) 9票
⑥水島英己 『野の戦い、海の思い』(思潮社) 9票
⑦渡辺めぐみ 『昼の岸』(思潮社)  9票
⑧相沢正一郎 『パウル・クレーの〈忘れっぽい天使〉をだいどころの壁にかけた』(書肆山田)  8票
<次点>
朝倉宏哉『叫び』(砂子屋書房)7票
三井喬子『山野さやさや』(思潮社)7票

<選考委員会推薦詩集>
⑨野村喜和夫『薄明のサウダージ』(書肆山田)
⑩河野俊一『ロンサーフの夜』(土曜美術社出版販売)
⑪野沢啓『発熱装置』(思潮社)
以上11冊を候補詩集とする。
会員数 1064名
投票数 271票(有効票247票 白票22票
無効 2票) 投票率25.5%

【選考委員】
宇佐美孝二、小笠原茂介(委員長)、郷原宏、
佐藤文夫、柴田千晶、鈴木有美子、花潜幸

■第二次選考委員会
3月7日(土)受賞詩集決定

第二次選考委員会は延期になりました。開催日は未定です。

 

日本の詩祭2019・詩集賞の朗読

「詩投稿 第17期」入選作品紹介
Topページに入選作を順次公開します。

小川博輝「かまくら」




あなたはここに  物言わぬ石として
こちらへの呼びかけと   黙して
口は開かれ
そしてまたあなたが向かうもの

はじまりから  どこか に、

韻律に    沈黙を    打ち      込む
  踊りは   夜まで  つづく かろうじて 確 実に
なが れ る コツ コツ コツ

 立ち
    

   

この口 不完全な
     (もう一度はじめから)

ずっと雪そして雪   足跡は誰が残した
 この雪道     沈んだ街    わたしたちの
  沈んだ いくつ もの 碑銘 が

する 生まれ  雲の耕作地

 消えぬもの 飢餓する声
わたしたちの飢えさせた  幻聴たち

この雪道   沈んだ街   誰かの  絶え絶えの  忘れ水
 沈んだ  いくつ  もの   残る   膿んだ琥珀

なぞる この固まった額を

至りつかぬ
      この雪道が    どこに向かっていたのか

 それとも  当てもなく  歩かされ
                                          しかし歩きそして歩き

 失われた         「先」に

「ある」を     探して

         しかし歩きそして歩き

 
そのものに
  つく
         られた
足跡の側の  

無数の        かま く  

 うごめく
さらに無数の     イマージュ
  そのイマージュに 伸ばされた
     わたしが見る誰かの   イマージュ



  燠に息を吹くと  貧しい星が鈍足の光を走らせる  
  ゆっくりとくる   誰かの光の息が

 深淵をみつめろ 原初の天文学者のように
   矛盾に結ばれるだろう 沈黙の花冠が
  光る沈黙の息遣いが  モールス信号として

  わたしの足に こだまの光を返して
 燃える貧しい踊りが  空を広げ
   沈黙が中空をつくる

        そしてたたずむ   透明な痛みが  
沈黙がこだまする それが声に変わるまで
  壊された沈黙のなかに 失われた声が塵ばむ
        つくられる 沈黙だけで世界が
樹も   陽射しも  花も  あなたも

  わずかに溶けしかし深い      そのわずかさの底
 レテの泉の底で    名前のない唇の冷気が滴り   出来た氷板
  その下に流れる       記憶の
                                                                  

そういった水があるだろう  掬うことのできず
 手をすり抜ける

それでいて浸された手を押し返す その流れをもつような水が

 そのとき沈黙に結ばれた花綵が この手首にかけられる

 おそらく そのようなときが あるのかもしれない




ときつ ゆう「鈴音」



聞こえる
右のほうから微かに でも確かに

ひとの 声の
静けさのおんじょうに 共振し
流れるように 清かに

まるで光の粒

声が止む
ひっそりと空になる
うつつか ゆめか

時間も 空間もない
とどかぬ先へ
すでにかたちから解き放たれ
光の粒は ゆく

おだやかで 温かに あわく満ちる
あなたは よいところへといかれるのですね

そう
風が立つ

そしてまたふいに
季節はずれの蝶が目の前を横切るように
あなたは
時おり存在を何かに化して
そこにいることを私にしらせる
羞恥もなにもすべて見透し
あなたはわたしと共生する

あなたはいつもこの胸にいて
そうして時々ひそやかに息をしている

研究活動

詩界ニュース
詩界ニュース (2020年5月17日受まで)最終更新日 2020/8/1
催し・イベント
第3回・「岡本彌太 詩賞」詩作品募集のお知らせ最終更新日 2020/8/1

日本現代詩人会刊行本


  • 日本現代詩人会/七〇周年記念アンソロジー

  • 国際交流ゼミナール

  • 2019現代詩

ページトップへ戻る