日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。


  • 八木幹夫会長

  • 公益信託代表
    以倉紘平

  • 第71回H氏賞
    石松佳

  • 第39回現代詩人賞
    鈴木ユリイカ

詩投稿結果発表

投稿数363作、投稿者218人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿第22期(7-9月)の選評および入選作をご紹介いたします。
またトップページに入選作を何回かに分けて、縦書き表示にて順次公開していきます。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが入選作を選び選評いたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第24期~27期選者(2022.1~2022.12)
・山田隆昭氏

・塚本敏雄氏
・草間小鳥子氏

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

  • 【中止のお知らせ】1月22日(土)現代詩ゼミナールをコロナ変異株感染拡大のため中止いたします。(詳細は以下)
  • 2022年H氏賞・現代詩人賞選考委員と先達詩人が決定しました。(詳細は以下)
  • 【告知】八木幹夫新会長のもと新理事会が発足しました。役割も決定。(詳細は以下)
  • 【英語版公開】当HPの英語版を公開しました。
  • HP現代詩投稿欄 第21期選考結果・選評を発表しました。
  • 2021年第5回現代詩投稿欄新人賞・新人発表!
    【新人賞】岡崎よしゆき【新人】東浜実乃梨 小川博輝 松尾如華

【現代詩ゼミナール中止のお知らせ】
新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
年初の催しとして皆様にもご期待いただきました1月22日(土)の「現代詩ゼミナール」は、オミクロン株の急激な拡大により、中止とさせて頂きます。ご講演者、ご朗読、ご協力頂きました皆様にはお詫び申し上げます。ご出席のお葉書をお寄せ頂いた皆様、楽しみにして頂いた皆様にもたいへん申し訳ございません。
コロナ禍が早く収束し、当会の催しが開催され、皆様にご拝眉できる日を心よりお待ちいたします。
今年の皆様のますますのご活躍とご健康をお祈り申し上げます。

2022年1月7日
日本現代詩人会 会長 八木幹夫
       理事長 佐川亜紀
       副理事長 田村雅之
       担当理事 根本明 中井ひさ子


■H氏賞・現代詩人賞選考委員と
 先達詩人の決定

 2021年11月18日の第4回理事会において、次の通り決定しました。
(選考委員、投票管理委員敬称略)
◆第72回H氏賞選考委員
 石下典子、伊武トーマ、清岳こう、
 草野早苗、
土屋智宏、冨岡悦子、古屋久昭
◆第40回現代詩人賞選考委員
 秋山公哉、新井高子、伊藤芳博、小林稔、
 鈴木ユリイカ、高良勉、中島悦子
◆投票管理委員
 広瀬弓(投票用紙返送先)、草間小鳥子
【選考日程】
◆第1次選考委員会
 2022年2月5日(土) 早稲田奉仕園
 会員投票開票 候補詩集決定
◆第2次選考委員会 
 2022年3月5日(土) 早稲田奉仕園
 受賞詩集決定
 ◎H氏賞・現代詩人賞の会員投票にご協力ください。
 2022年1月30日締切(消印有効)

◆2022年度「先達詩人」の決定
 甲田四郎氏、谷川俊太郎氏に決定。
 2022年5月29日(日)の
「日本の詩祭2022」で顕彰。

日本の詩祭2019・詩集賞の朗読

「詩投稿 第22期」入選作品紹介
Topページに入選作を順次公開します。

凰木 さな「夏の終わり」


夏の終わり
高原では
ヒグラシが響き
お日様が傾くと
辺りはキラキラと輝き
影は
果てまでも
長く伸びる

一脚古びた椅子が
風雨に
熱波に乾き
崩れそうにがら
風景中心で
黄昏れている

あれは誰椅子だったか
椅子だったか

何も分からず
全ては足早に去って行った

夏の終わり




床伏「錯覚」

何もかもを引き伸ばす
あたたかい季節が
細切れにされて

充満しきれなかった体や心が
迷子になっている
気泡の中でくるくる 回っている 
 方々で

粘度の高い黄色の夏の
希釈の甘さで
固まりが出来ている
その隙間に気泡が生まれて
迷ってしまう
細切れのままで


冬には連れていかれないものたちが
よく目に見える
分からなくなるものに手を振るのは不思議なもので


わたし死んでも 気付けないのに

研究活動

詩界ニュース
詩界ニュース (2021年8月23日受まで)最終更新日 2021/11/1
催し・イベント
現代詩ゼミナール2022のご案内最終更新日 2021/12/18

日本現代詩人会刊行本


  • 日本現代詩人会/七〇周年記念アンソロジー

  • 国際交流ゼミナール

  • 現代詩2021

ページトップへ戻る