日本現代詩人会とは

この会は日本の詩人の権益を団体的に守り、現代詩の普及発展のために協力し、国際的活動を推進し、詩人相互の親睦をはかることを目的としています。


  • 郷原宏会長

  • 公益信託代表
    以倉紘平

  • 第73回H氏賞
    小野絵里華

  • 第41回現代詩人賞
    河津聖恵

詩投稿結果発表

投稿数444作、投稿者274人。多くの方にご投稿いただきありがとうございました。詩投稿欄第32期(1-3月)の選評および入選作をご紹介いたします。
またトップページに入選作を何回かに分けて、縦書き表示にて順次公開していきます。

詩投稿

H氏賞受賞者や日本現代詩人会の会員たちが入選作を選び選評いたします。

1期一人3篇までの投稿で、3ヶ月毎に選考し、入選作を選評とともに公開します。

第32期~35期選者(2024.1~2024.12)
・うるし山千尋

・浜江順子
・雪柳あうこ

詳しくは投稿規定をご参照ください。皆様のご投稿をお待ちします。

  • 【わたしたちはロシア・プーチン大統領に起因する不条理に反対し、ウクライナの人々の安全と平和を   強く望んでいます。──日本現代詩人会HP運営委員会】
  • 【お知らせ】詩の投稿をされる方は、改めてパスワードの申請をお願いします。
  • 【子どもへの詩の普及】詩と美術を通底するポエジー  有川貴子 (2024/07.05)
  • 【ご報告】「日本の詩祭2024」(6月2日)にご来場の皆様、インターネット配信をご覧いただいた皆様、
     ありがとうございました。盛況のうちに閉幕いたしました。(2024/06.03)
  • 【速報】第74回H氏賞、第42回現代詩人賞の詩集が以下のように決定しました!(2024.03.02)
  • 【日本現代詩人会全会員名一覧】
【速報】
◆第74回H氏賞・第42回現代詩人賞決定のお知らせ

 2024年3月2日(土)午後1時から、東京都・早稲田奉仕園セミナーハウスにおいて、第2次選考委員会が開かれました。詩壇の芥川賞とも呼ばれるH氏賞と、中堅以上の詩人に贈られる現代詩人賞が決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。なお、授賞式は6月2日(日)私学会館アルカディア市ヶ谷にて開催される「日本の詩祭2024」にて挙行される予定となっております。何卒よろしくお願い申し上げます。

◆2024年度 第74回H氏賞(賞金50万円及び記念品)
●受賞詩集『Uncovered Therapy』(思潮社)
●受賞者(尾久守侑(おぎゅうかみゆ))
●受賞者プロフィール
1989年5月14日 東京都生まれ、東京都在住。
慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程修了。
詩集 2019年『国境とJK』(思潮社)を上梓。その後、『ASAPさみしくないよ』『悪意Q47』(第9回エルスール財団新人賞受賞)。
詩集の他に、学術書として、『偽者論』(金原出版)、『器質か心因か』(中外医学社)他。

<第74回H氏賞選考委員> ◎上手宰(選考委員長)、富沢智、峯澤典子、中本道代、
池田順子、藤田晴央、青木由弥子(理事)

************************************

◆2024年度 第42回現代詩人賞(賞金50万円及び記念品)
●受賞詩集『楽園』(思潮社)
●受賞者(粕谷栄市)
●受賞者プロフィール
1934年11月9日 茨城県古河市生まれ。現在、茨城県古河市在住。89歳。
早大卒。「ロシナンテ」「地球」「鬼」「歴程」同人を経て、現在、「森羅」同人。
詩集『世界の構造』『悪霊』『化体』『転落』『鄙唄』『遠い川』。

<第42回現代詩人賞選考委員> ◎田村雅之(選考委員長)、岡野絵里子、廿楽順治、
                石田瑞穂、小林弘明、鈴木東海子、春木節子(理事)

【速報】H氏賞、現代詩人賞候補詩集決定

 2月3日11時より早稲田奉仕園(東京都新宿区)で開票理事会が、宮田直哉、福田恒昭各投票管理委員の立会いの下に開かれました。その結果、上位8位までの詩集を候補詩集として、16時より行われた各選考委員会に申し送りがなされました。
 また、H氏賞と現代詩人賞の選考委員会では、委員会推薦として各3冊の詩集が選ばれました。結果を以下に記します。

  ■第74回H氏賞候補詩集
佐峰 存『雲の名前』       22票
井嶋りゅう『影』         14票
小川三郎『忘れられるためのメソッド』
               6票
玄原冬子『福音』         6票
水嶋きょうこ『グラス・ランド』  6票
麻生秀顕『パルスと円環』     5票
深町秋乃『柔らかい水面』     5票
根橋麻利『川辺の響き』      4票
野口やよい『星月夜』       4票
山田リオ『ときのおわり』     4票
尾久守侑『Uncovered Therapy』
              委員会推薦
嘉陽安之『朝をつくる』   委員会推薦
藤本哲明『attoiumani_nizi』
              委員会推薦

■第42回現代詩人賞候補詩集
こたきこなみ『ひとがた彷徨』   13票
粕谷栄市『楽園』         11票
水島美津江『更地』        11票
麻生直子『アイアイ・コンテーラ』 10票
硲 杏子『残照・その後』     10票
松岡政則『ぢべたくちべた』    10票
上手 宰『二の舞』        8票
佐々木洋一『でんげん』      8票
白井知子『ヴォルガ残照』     8票
荒川洋治『真珠』      委員会推薦
岩佐なを『たんぽぽ』    委員会推薦
広瀬大志『毒猫』      委員会推薦

 以上です。3月2日㈯に、早稲田奉仕園で行われる第2次選考委員会において、受賞詩集が決定されます。

■第74回H氏賞選考委員
池田順子、上手宰(委員長)、富沢智、中本道代、藤田晴央、峯澤典子、青木由弥子

■第42回現代詩人賞選考委員
石田瑞穂、岡野絵里子、小林弘明、鈴木東海子、田村雅之(委員長)、廿楽順治、春木節子

■投票管理委員
宮田直哉、福田恒昭

■詩集賞担当理事
渡辺めぐみ

(2024・02・06)

【速報】詩集賞選考委員が決定
 
 11月16日の第4回理事会において、第74回H氏賞と、第42回現代詩人賞の選考委員が決定しました。
 両賞とも、2023年2月3日の第1次選考委員会で候補詩集が推挙され、3月2日の第2次選考委員会で授賞詩集を決定します。

■第74回H氏賞選考委員
 池田順子、上手宰、富沢智、中本道代、
 藤田晴央、峯澤典子、青木由弥子

■第42回現代詩人賞選考委員
 石田瑞穂、岡野絵里子、小林弘明、
 鈴木東海子、田村雅之、廿楽順治、
 春木節子

■投票管理委員

 宮田直哉、福田恒昭

■詩集賞担当理事
 渡辺めぐみ

 対象詩集は2023年1月1日から12月31日までに発行されたことが奥付にあるもの。日本現代詩人会会員全員の投票による各上位8詩集と、選考委員会の推薦による各3冊以内の詩集が候補詩集となります。

 (2023・12・20)

 8月26日の2023年度総会において、新理事(任期2年)が承認され、9月21日の第2回理事会で次のとおり、新役員が決定しました。
《会 長》
 郷原  宏
《理事長》
 塚本 敏雄(名簿・HP委員)
《副理事長》
 杉本真維子(詩祭・国際交流)
《理 事》
 山田 隆昭(総務・慶弔)
 秋 亜綺羅(総務・HP・IT)
 野村喜和夫(総務・国際交流)
 根本 正午(一般会計・HP・IT)
 青木由弥子(年会費)
 松尾真由美(詩祭・冊子)
 中島 悦子(子ども・詩祭・冊子)
 渡辺めぐみ(詩集賞・入会)
 浜田  優(会報・名簿・入会)
 広瀬 大志(入会・ゼミナール)
 春木 節子(ゼミナール・入会)
 沢村 俊輔(名簿・記録・入会)
《監 事》
 宮田 直哉
 鹿又 夏実
《HP運営委員》
 光冨 幾耶
《詩集賞・公益信託代表》
 以倉 紘平

日本の詩祭2023・第Ⅰ部・贈呈式・顕彰・詩朗読

「詩投稿 第32期」入選作品紹介Topページに入選作を順次公開します。

東京花束「エニウェアサムウェアサモア」

あつい、ここはサモアだ
到着口の職員はでっかい
ワッツユアパーパス
サイトシーン
3分待った
白い眼球で睨まれて
ゴーアヘッド
ゴーツーヘル
聞き間違えて
嘘笑い
嘘笑いは通用しない

できあがり途中の教会に
マリア様はもう住んでいて
作業服の彼とは
昨日、ハローといった仲
どこからか
ひっぱってきたマットを敷いて
おいでおいでと言っている
どうやら
ジャパニーズのウーマンは
エニウェア、セックスするってさ
わたしの限りにぶっちぎれた
だまされたばかり
ついさっきのタクシーで
ノーウェイ!

彼は
いきなり
突き飛ばして
天井のない教会の
サムウェア、青と白に向かって
膝を地面に押し付けながら
フォーギブミー
泣きじゃくった
あまりに真摯で
美しかった
それ以上
英語も信仰もしらないから
はしって逃げる

ホステルの庭
むしったバナナは青臭く
生食用ではないことを
教えてくれたのは
そこのオーナーだった
ワッツユアパーパス
彼女が聞く
サイトシーン
ワッツユアジョブ
彼女もまた、売春婦だと思っている
ノーウェイ!
世間知らずだったけれど
蒸したバナナのランチはうまくて
日差しは痛くてたまらなかった

山口波子「某月朔日」

漂白したてのカップへ落し淹れた
コーヒーの光沢、滑り、立体感が
生活をしている姿。トーストから
必ず滓が出ること、半熟たまごを
洗い流す時間、泡から用途を逆算
する。洗濯もの越しにコンビニが
見える。単三電池、その買い置き
についての問答も届く。届くわけ
ない。気を確かに。鳩さえ見れば
寒いと分かる、あの丸さで数字の
理解力を補う。郵便受けの掃除、
ドアスコープに曇りどめを塗る、
浴槽は未使用、カーテンレールを
鍛えた。曜日感覚の答え合わせを
して回る収集車は、ハーメルンの
笛吹き男だった夜の囚われの身。
斜めになる蝶々結び、白線の内の
優先順位、場所取りに使えるもの
が在る顔、週間天気予報を期待を
こめて軽んじる。飛行機も神様が
が乗っていたら流れ星、願え願え
願え。一番便利なポケットに鍵、
十指にさかむけ、素人目にも悪者
好きする手癖を矯めるには退屈が
すぎる。着ぶくれ、脱皮の感覚を
掴む、コンタクトレンズも眼鏡も
眼球より大切にしている。今日も
平熱、家の体温計を信じたことは
ない。消灯。満月を和名で想う。

柴田草矢「ゆきおりて」

ゆき
村へおりて
窓ばかりの季節になる
隣の主婦はけさの霜をば笊でこして
レースカーテンの破れを繕った
鹿の角はやして遊んでた子どもたちも
蹴とばす赤い鞠が失くなった
木々の梢の秒針は止まって
さふ さふ さふ と
前の者のさらに深くふかくへと
降りてゆくこの足跡について
わたしの影のかかるとき
ああ登り来る
念仏する貝の一列は往き過ぎる
ゆき
こんやもおりて
尖る鉛筆の屋根の集落では
お月見が歳に三度もある
松の林の奥から窺っている
狐の顔に引っかかって光るものは何だ
ねむれ ねむれ やまひだのように
石はだのように ねむれ よ
踏みゆく爪さきはやはり笹のように白くて
ああ水輪 ひろがる
いくつか並んだ顔の真澄みにてひろがる
どこにいたって入水することはできて
沼の底を登る足跡つづく
ゆき
おりて
また
窓ばかりの季節になる
木々の梢の秒針は止まって
何処かの家の泥馬はその下をのそのそ通りぬける
その背中をまた追いかけてゆけば
はる花らは
初めてあの谷底から降り来ましょうか

研究活動

詩界ニュース
◆新入会員名一覧最終更新日 2024/5/8
催し・イベント
◆新入会員名一覧最終更新日 2024/5/8

日本現代詩人会刊行本


  • 日本現代詩人会/七〇周年記念アンソロジー

  • 国際交流ゼミナール

  • 現代詩2023

ページトップへ戻る